Kosamota Days

粥川なつ紀オフィシャルブログ
<< 夏の支度。 | main | tonericoさんのヘッドドレス。 >>
岐阜市文化芸術・スポーツ創造会議に出席して。
0


    岐阜市文化芸術・スポーツ創造会議。

    すごい名前だ。

    市長をボスに行われる岐阜市都市創造会議の中に
    いくつかの分野に分かれた会議があり、
    そのひとつである文化芸術スポーツ創造会議に
    招聘委員のひとりとして出席してきました。

    文化人類学専門の大学教授
    スポーツ専門の大学教授
    児童文学専門の作家先生
    元女子サッカーオリンピアの代表取締役
    岐阜放送代表取締役
    スポーツ少年団理事長
    岐阜県教育委員会
    そしてわたし、サックス奏者

    事務局として30名程の担当課の市役所職員と
    傍聴席も設けられていたけれど、
    これが公開されてると誰が知っていたんだろう。


    最初はお断りするつもりだったこのお話。
    各担当課の180cm越えの大男3人が
    小さな公用軽自動車に乗り合わせ事務所に来て
    意味や意義や必要性を語られたのだけれど、
    それでもやっぱりピンと来なくて。

    「忌憚のない意見を」と言われる程
    どんどんと遠ざかる私の興味。笑。
    忌憚のない意見を、と聞いて、
    ”お昼ごはん何が良い?”
    ”んーーー何でも良いよ”
    ”じゃあ、お蕎麦にしよう”
    ”えーーー和食の気分じゃない”
    例えるならそういう結果しか浮かばないから。笑。

    暖簾に腕押し、というか。
    その相手が大きくなればなるほど、
    一個人の熱意は言うだけ冷めて遠ざかるというか。
    悶々とする結果が出るのが眼に見えている、
    そういう考えだったんですよね。

    でもお引き受けするか考える中で、
    「今の私に伝えるべき事があるから
     この話が私の手元に届いたんだ」と思えたので、
    そこに気持ちがシフトしてからは、
    経験の中から普段感じていることを簡単に整理して、
    ”招聘委員”という立場を光栄に思う事にしました。


    当日はとても面白かったです^^♪

    みっちり2時間の会議。
    各分野のスペシャリストのお話を伺いながら、
    こちらを眺める30名程の職員さんのお顔を見ながら、
    「ほーーー公の会議とやらはこういうものか」と、
    人生初体験の社会経験を新鮮に見聞きしてきました。

    うん、笑。
    「ひとり社会見学」という言葉が適当かもしれない。

    自分の言いたい意見は言えたかな。
    上手に伝えられたかどうかはまあ良しとして、
    人前で「言葉で」意見交換する事を好まないで来た
    自分にとっては気付いた事が沢山ありました。

    海外に長く暮らす友人達のディスカッション能力や
    自分の意見を単刀直入に伝える能力、
    これは日本語教育どうこうというのではなくて、
    ただ単に聞く姿勢があるかどうかなだけかも、と
    そんな事を感じたりもしました。

    この会議の中で自分が発言した言葉が
    誰にどう捉えられるかという恐怖心は皆無で、
    相手に期待しないということや、
    正直に居るという事がこんなに楽だなんて!!
    という新鮮さも感じた時間でもありました。笑。



    ますます奔放になるかも。笑。

    わたし。笑。

    なんてね♪




    帰りはお寿司やさんランチ♪

    2階席の5組はすっかり忘れ去られていた様で
    待てど暮らせど誰のごはんも出てこない。
    そこでOL姐さん2人が店員さんに伝えた言葉が
    聞いているこちらのココロがザワツク言葉だったので、
    言いたい事を伝える時には上手に言わなきゃな、
    そんな事も学んだ一日でした。

    ごはんは美味しくいただきました♪


    nacci




     
    | nacci717 | - | 11:18 | - | - | -
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    このページの先頭へ