Kosamota Days

粥川なつ紀オフィシャルブログ
<< 徳之島の黒糖でりんご酢。 | main | 万治の石仏。 >>
酒と薔薇の日々♪
0
    days of wine and roses.
    酒とバラの日々。

    そんなタイトルのバッドエンドの映画があります。
    挿入曲はジャズのスタンダードとしても
    多くのミュージシャンに歌われ演奏されてきました。

    お話はバッドエンドだし、
    歌詞も、戻れぬ過去に涙しアル中愛欲憎悪という、
    すーぱードロンドロンなものだけれど、
    わたしの酒とバラの日々はなんともハッピー♪


    この日は、
    岐阜県可児市花フェスタ記念公園20周年記念
    アニバーサリーウィークということで、
    ステージイベントで演奏してきた私♪

    ここは在日フランス大使も認める、
    世界有数の規模を誇るバラ園が有名です。
    とにかく、広い!!
    そして良い香り〜〜〜〜〜〜♪♪



    こんな良い香りも♪

    ほら♪



    円空芋という里芋はこちらの名産品。
    むっちりもったり里芋里芋した里芋コロッケでした。
    カプシっとまず一本やったかどうかは、内緒♪

    リハーサルが終わってから本番までは、
    かーなり時間が空いていたので私も園内散策。



    何百種類とあるバラの中で、
    一番印象的だった名前はこちら。笑。



    2日間限定でナイトローズガーデンが開催され、
    わたしはビア・ローズ・ナイトの案内役♪



    2daysだったこのイベント。

    初日の夜は終演後にも園内をふらーっと歩いて、
    昼と夜のバラの香る感じの違いに驚いて。
    湿度や気温が違うからかな。
    それにバラの種類によって全然香りが違うのね。
    本当にびっくりするくらい違っていて、
    歩いては花に鼻を埋める、なんてことをしてました。

    バラの花を育てるのは大変だとは知っていても、
    思わずお土産の苗木をつれて帰りたくなる、
    そんな良い夜だったな〜

    いつか大きな大きな、
    ベルサイユ宮殿くらいのお庭があるお家で
    バラを眺めるなんていうことしたいわ♪



    2日目は音響社長が教えてくれた、
    地元の造り酒屋さんのブースに一直線!
    荷物を置くが早いか試飲に手を延ばすが早いか!笑。



    この日ブースを出していた可児の林酒造さんは
    個人的にも酒蔵に買いにお邪魔しているんだけれど、
    優しい口当たりが女性にもおすすめな気がする♪
    もちろん2本お土産にしました♪

    そして、これ食べなきゃ!だわ。
    プレミアム・ローズ・ジェラート♪



    ジェラートは甘いバラの女子仕様♪
    食用バラだから全部食べてね!とのことで、
    花もむしゃむしゃといただきました♪

    でも可愛い女子のみなさんは花占いでもして、
    ガクから花びらを外すといいかも!笑。
    わたしみたいに男らしくポイッと口に放り込むと、
    それはそれは斬新な食感と味でした。

    おすすめのケバブ。



    自然薯ポテトはなーーがいの。
    お家でもマッシュして揚げようと思ったわ♪



    キャパシティ800名のホールは満員御礼。

    2日目は立ち見のお客様も沢山いらっしゃって、
    遥か彼方に見えるワインブースの行列を
    ほんのちょっぴり羨ましく思いながらも、
    みなさんとの時間を楽しく過ごしました。



    そうか、

    the days of wine and roses
    laugh and run away
    like a child at play

    で私の歌詞は止まってるんだな♪
    そうだそうだ^^。


    今日は母の誕生日。
    「コサモタでアニバーサリー」リリースからまる3年。
    わたしの酒とバラの日々はまだまだ続くね♪


    nacci



     
    | nacci717 | - | 17:09 | - | - | -
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ