Kosamota Days

粥川なつ紀オフィシャルブログ
<< きょうはテレビ公開生放送☆ | main | NOTTV「MUSICにゅっと。」 >>
春だよ〜^^♪
0
    伝えたい事がいーーっぱいあるけれど!!!

    「春眠暁を覚えず」でもあり、笑、

    毎日あちらこちらと呼んでいただいて
    帰ってくるともうパッタン・・・・Zzzzzz。。。
    あっという間に朝が来るという日々でして、
    時系列で行きたいと思います。笑。

    おひな様の次だから、4日だね!!


    どーーーーーーーん!!!!



    平成26年度岐阜市芸術文化奨励賞受賞

    ソロデビュー10年という節目の年に、
    このような素晴らしい賞を与えていただいて、
    月並な言葉ですが、本当に嬉しかったです。

    形のない言葉もない”音楽”という活動を、
    見守り認め、支援していただけるという事実を
    この賞という形で手渡してもらえたのです。

    光栄に思うと同時に、
    より一層自分らしく歩むぞ!笑、と、
    そんなことを心に強く感じました。



    この賞はわたしだけの賞だとは思っていません。

    楽市JAZZ楽団の生みの親であり、
    大事に守り育ててきた
    岐阜市公共ホール財団の高橋さん。
    彼の尽力なくしてはこの活動はありえなかったし、
    今年8年目を迎えることも出来なかったでしょう。

    いつも穏やかで健全であり、
    音楽監督である師匠やわたしといった
    猪突猛進タイプの奔放な考えや行動を
    冷静に判断し舵取りをしてきてくれた高橋さん。
    これからもどうぞ楽市をよろしくお願いします^^。



    授賞式で与えられたスピーチの時間は10分間。
    ライブでならあっという間にすぎる10分ですが、
    ”式典で語る”となると、、、、難しい!!笑。

    ですが、
    これは、自分らしく活動してきた事に対して
    贈っていただいた賞であるので、
    「いっそのこと、ここでも自分らしく!」と腹を決め、
    岐阜の名士があつまる式典で手拍子を求めるという。
    今思えば本当に良かったかしら!?笑、です。

    でもね!
    いーのいーの!!!
    その時の空気は明らかにあたたかく、
    人生の大先輩方は楽しげに手拍子くださいました。



    迷いなく進む事。

    これしかないなと。

    この言葉の裏側には
    いろいろな”タダシガキ”もあるけれど、笑、
    最終的にはここかな、と。

    母が着付けてくれた振り袖は、
    いつもよりもシュッと締められていました。
    演奏するには苦しすぎたけれど、笑、
    その帯の感触を新たな出発への火打石のように感じ、
    なんとも身の引き締まる思いでした。


    懇親会を終えてスタジオに戻って。
    ほろ酔いなちこの”渾身の平常心”をご覧ください。笑。
    よく出来たと思うよ。笑。




    最後に。

    これまで私を支え励まし背中を押してくれた、
    いや、お尻を叩いてくれた!?笑、
    家族、たくさんの良き友人、
    師匠はじめ素敵な音楽仲間と
    あっぱれな人生経験に感謝します^^♪


    3月だというのに雪が積もったりと、
    空の自律神経もふわふわしていますが、
    わたしの心はほっかほか^^♪

    nacci



     
    | nacci717 | - | 10:03 | - | - | -
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ